ジスロマックは色々な感染症に効果的なお薬となっています。また、性感染症になった時にも効果を発揮しますのでジスロマックをお使いください。特に性感症で多いクラミジアの場合に使用される場合には90%が完治されると言われているお薬となっています。

ジスロマックの写真

カビではなく細菌の病気は妻と一緒にジスロマック

病気にはカビが原因となって起こるものや、細菌が原因であるものなどがあります。
そのため、カビが原因の病気にはカビを殺菌する抗真菌薬、細菌が原因であれば細菌の殺菌が出来る抗生物質を使って治療を行うことになります。
ジスロマックは細菌の殺菌が出来る薬の内のひとつで、マクロライド系の抗生物質に分類されます。
ジスロマックが有効な細菌としては、肺炎球菌やグラム陽性菌、マイコプラズマ、クラミジアなどがあり、肺炎をはじめ急性気管支炎や扁桃炎、尿道炎、副鼻腔炎など様々な病気の治療に用いられている薬です。
ジスロマックの特徴は長時間体内に留まることで、これにより薬の効果が長く続くので、呼吸器感染症や副鼻腔炎などでは、1日1回服用することを3日間続けることで7日間薬の効果を得るという使われ方をすることがあります。
他にジスロマックSRというドライシロップでは、1日1回の服用をすることで効果が7日間続くという特徴があり、空腹時に飲む薬となっています。
ところで、ジスロマックは一般的な抗生物質が効きにくい非定型菌であるマイコプラズマやクラミジアによく効くのでこれらの細菌が原因となる病気に対して第一選択薬とされています。
クラミジアの中の一種が原因となって起こる性器クラミジア感染症は、日本では静かに感染者が増えている病気として問題視されており、男女ともに感染していても症状に気づかない場合があるため、長期間感染に気づかずに放置してしまう人も多い病気です。
性器クラミジア感染症は感染している人との性行為などでうつるため、結婚している人は妻にもうつしている場合や、妻からうつされている場合も考えられます。
性器クラミジア感染症の検査は泌尿器科や婦人科で簡単に出来ますので、もし検査をして感染がわかったら、お互いにうつしたりうつし返されたりするピンポン感染を防ぐためにも妻と夫が一緒にジスロマックなどで治療をすることが大切です。