ジスロマックは色々な感染症に効果的なお薬となっています。また、性感染症になった時にも効果を発揮しますのでジスロマックをお使いください。特に性感症で多いクラミジアの場合に使用される場合には90%が完治されると言われているお薬となっています。

ジスロマックの写真

ジスロマックと併用してはいけない薬について

ジスロマックというのは、細菌が原因となって起きる感染症に対して効果があるとされている医薬品のひとつで、分類としては、マクロライド系抗生物質とよばれるものに属しています。このジスロマックの場合には、ペニシリン系の抗生物質とは違って、比較的アレルギーによる副作用などのおそれも少ないとはされていますが、肝臓障害や腎臓障害などの副作用には気をつけておいたほうがよいともされていますので、服用によって、なんらかのトラブルがあった場合には、まよわず医師の診断を受けるという姿勢でのぞむべきといえます。ジスロマックに関しては、飲み合わせが悪く、併用してはいけない、または慎重にすべきとされている医薬品がいくつかありますので、もしも細菌感染症以外の持病などがあって、別の医薬品を服用しているという場合には、そのことをあらかじめ医師に伝えておく必要があるといえます。こうした併用がむずかしい医薬品の事例ですが、血栓症の治療に用いられている血液凝固阻止剤がまず挙げられます。血液凝固阻止剤は、肝臓においてチトクロームとよばれる代謝酵素によって、服用したあとしばらく経過するとしだいに代謝されるしくみになっていますが、ジスロマックと併用することによって、このチトクロームのはたらきが阻害されてしまいます。その結果として、血液凝固阻止剤の効き目が必要以上に高まってしまうというおそれがあることが知られています。同じように、膠原病や自己免疫疾患のための医薬品である免疫抑制剤なども、代謝酵素としてチトクロームが関与しているため、ジスロマックとの併用によって、血中濃度が必要以上に高くなることが知られており、やはり併用は避けるべきとされています。