ジスロマックは色々な感染症に効果的なお薬となっています。また、性感染症になった時にも効果を発揮しますのでジスロマックをお使いください。特に性感症で多いクラミジアの場合に使用される場合には90%が完治されると言われているお薬となっています。

ジスロマックの写真

ニキビ治療の受診に処方されるジスロマックの効能

ジスロマックは本来、病原菌の細菌に反応し、高い抗菌力の作用で淋病・クラミジアをはじめ、風邪や歯周病の治療薬などと言った幅広い治療薬として取り扱われてる、マクロライドの系統に属する抗生物質です。

グラム陽性菌・真菌ウイルスなどに高い殺菌作用を発揮するジスロマックを服用すると、胃腸から吸収され血液中に移動し、白血球と一緒に薬が効いてほしい病巣に働きかけ、化膿している患部に集中的に留まるので、結果的に効いてほしい部位にだけ効き目を発揮する画期的な抗生剤でもあります。
ジスロマックの処方シーンにも幅広いのが特徴的で、耳鼻咽喉科では喉の炎症や中耳炎、小児科や呼吸器内科では肺炎や気管支炎の炎症を抑える場合や、歯科では歯周病、根っこの先が膿んでいる場合などさまざまな用途で用いられています。
また最近ではアクネ菌に対する有効性も見出されてきているため、皮膚科でニキビに悩まれている方が受診する際に、ジスロマックを処方されるといったシーンもあるほどです。
一般的な細菌感染症に用いられた場合は、一日一回の服用を三日間継続して服用する事が大切で、きちんと服用方法を守ればおおよそ1週間から最大2週間ほど効果が持続するメリットがあるため、多くの細菌感染症に対して使用されやすいのです。
またアレルギー反応や副作用が少ない抗生物質でもあることから、使用方法・服用後の安全性の高さからも医師が取り扱いやすい治療薬として処方されやすいのです。
副作用が少ないのが特徴的でもありますが、稀にジスロマックを服用後に下痢などの症状が副作用として出る場合もありますので、万が一服用後に下痢の症状が出た場合は服用を中止して、あまりに継続する場合は医師への相談が必要になります。