ジスロマックは色々な感染症に効果的なお薬となっています。また、性感染症になった時にも効果を発揮しますのでジスロマックをお使いください。特に性感症で多いクラミジアの場合に使用される場合には90%が完治されると言われているお薬となっています。

ジスロマックの写真

婦人科で処方されるジスロマックは頭痛が起こることも

ジスロマックは、クラミジア感染症の治療薬として婦人科で処方されます。クラミジアは性病の一つで感染者と接触することなどで感染しますが、自覚症状がほとんど無いため知らず知らずのうちに病気をうつしてしまう厄介な感染症です。病原菌が女性器に感染すると不正出血やおりものが増えることがあり、放置してしまうと卵管炎を引き起こし不妊症や子宮外妊娠の原因になることもあるため注意が必要です。クラミジアは完治していまえば再発する心配が無いため、少しでも異変に気づいたら病院を受診し薬を服用することが大切です。クラミジアが疑われる場合、婦人科では血液やおりものを採取して検査を行い診断の確定をします。そして、治療薬が処方されます。ジスロマックは、一度飲むと7日間効果が持続すると言う特徴があります。以前は、薬の服用回数が多く完治までに長い期間がかかっていたため、薬を飲み忘れたり途中で止めてしまいなかなか完治しないと言ったケースも多くありました。しかしジスロマックは飲み忘れが無く治癒率も高いため、とても画期的な薬であると言われています。また妊娠中でも胎児に影響が出ることが無いので、安心して服用することが出来ます。さらに副作用が少ないことでも知られていますが、稀に腹痛や下痢・吐き気などの消化器官に症状が起こることが報告されています。また頭痛や発熱が起こることもあります。このような症状は一時的なものであるため心配はありませんが、もし長く続くような場合には病院の受診をおすすめします。クラミジアは自分が完治したとしても、パートナーが感染していたのでは再度うつされてしまいます。そこで、必ず相手も薬を服用して一緒に治療を行うように心掛けます。